「太っている」ことで病気がちに?

ファスティングはダイエットとして行う、という人が増えていますが、それだけが目的ではありません。
実は体を活性化させ、自己治癒力を高めてくれる健康法です。
その結果として、ファスティングで体重が落ちる、というワケです。

 

そもそも太っている、ということは人間にとって異常なことなのです。
昔々の時代をことを考えてみると、人間も野生動物と同じように、常に「飢えている」状態が当たり前でした。
ですので、私たちの体も基本的に「食べないこと」を前提にして作られています。
ですので、現代社会の「食べ過ぎること」による「太った状態」というのは体にとって異常事態ということになります。

 

一番の原因は食生活です。
「消化」「吸収」「運搬」「代謝」「排泄」の5つの段階を経て、栄養はからだに取り込まれます。
バランスの悪い食生活を続けていたり、食品添加物を多く含んだ食事を続けていると、
私達の体は次第に太ってきてしまいます。

 

この悪循環におちいってしまった食生活を改善するために、ファスティングは取り入れるべきものなのです。

 

 

 

 

 

 

TOPへ